フィンペシアで副作用知らずの治療を~毛悩みモウ解決~

サプリメント

人工で悩み解決

人工植毛について

サプリメント

薄毛に悩む人の治療として内服薬や外用薬など様々な方法があります。植毛も薄毛を改善する為の方法の1つで、人工植毛と自毛植毛の2種類があります。それぞれメリットとデメリットについて説明していきます。まず人工植毛ですが、ナイロンなどの合成繊維を頭皮の薄くなっている部分に植えていくことをいいます。人の体には無いものを頭皮にいれるので拒否反応がおこりやすくなり、植えた人工毛が抜けてしまう可能性があり、抜けた人工毛を新たに植え治す必要が出てきます。植えた人工毛に細菌が繁殖して炎症を起こすことがあります。人工毛にはこの様なデメリットがあり現在ではあまり使われていない方法です。人工毛のメリットとしては自毛より費用を低く抑えることができることです。

自毛のメリットとデメリット

次は自毛植毛のメリットとデメリットについて述べていきます。この方法はその名前の通り自分の髪の毛を頭皮に移植することです。自毛なので人工毛のような拒否反応は起こりにくく、自毛が頭皮に定着してしまえば薄毛になる心配はなく、次からは自然に自分の髪の毛が生えてきます。 薄毛の原因は、髪の毛の成長を促す男性ホルモンを5αリダクターゼという酵素によって成長を止めるホルモンに変えられてしまうことです。この酵素の影響を受けるのは髪の毛の生え際や頭頂部だけです。後頭部や側頭部は酵素の影響を受けないので髪の毛が抜けません。この酵素の影響を受けない後頭部の髪の毛を薄毛の部分に頭皮や毛包ごと植毛していきます。 費用が多少高額となることと髪の毛が定着するのに多少時間がかかるのがデメリットです。自分の髪の毛なのでとても自然な感じに仕上がり、薄毛だった部分に自分の髪の毛が生えてくるので何度も通院する必要がなくなるのがメリットです。