人探しに行き詰ったら頼りたいサービスとは?

警察に行くべき?

突然家族や友人が行方不明になった場合、警察に捜索願を出しますが、事件性がない場合すぐ動いてくれません。この場合は、違う方法を使って人探しを行なう必要があります。

探偵&SNSを比較してみた

簡単に情報拡散ができるSNS

友人や同級生を探す時に活用されているのがSNSです。行方不明者の情報を拡散できるのが最大のメリットで、これが手掛かりとなり無事発見された例もあります。後はSNSの更新があるかどうかの確認もネットなら簡単に行なえるでしょう。

奥深くまで踏み込めるのが探偵

SNSで情報拡散を行なうことも、人探しの方法に有利ですが、探偵の場合は依頼者の情報を元に深く踏み込んで探すのが得意です。お金はかかりますが、費用以上の成果を出すのは間違いありません。

人探しに行き詰ったら頼りたいサービスとは?

男の人

早期発見に繋げるなら即行動!

家出、あるいは失踪してから一週間が肝心です。期間が過ぎると、発見する確率がかなり減ってしまい、捜索が困難になります。

虫眼鏡と切り絵の人

本気で人探しをするなら大手に限る

家出や失踪で、すでに首都圏を抜けている場合は、他の県に行くことを想定して、広範囲による捜索が必要です。大手探偵事務所の場合、全国各地に調査網を持っているため人探しにとても有利です。

婦人

失踪した原因を探ろう

何故いなくなってしまったのか、理由は本人にしかわかりません。例えば夫の場合、職場での人間関係に苦しみ、仕事に行きたくなくなった、会社をクビになったなどといった理由が挙げられます。娘や息子の場合は、家に帰るのが嫌でSNSで助けを求めるケースもあります。この場合、ずっと遠くまで行くこともあるため、中々見つからないことが多々あります。

警察に依頼済みでもゆっくりしていられない

たんなる家出で終わらせるのはなく、警察から何の連絡もない場合は即座に別の手を使うのが最悪の結果を防ぐポイントとなります。今では優秀な探偵が多くいますから、早めに依頼をしましょう。

広告募集中